ワールドトリガー専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第6話「嵐山隊」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

ワールドトリガー専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第6話「嵐山隊」

あらすじ・ネタバレ

 

WS000008

 

男子学生「謙虚だ・・・強いのにそれを誇示しない」

男子学生「さすが・・・」

遊真「おれがやったってバレないようにたのむぞヒーロー」

修(こいつは・・・)

 

WS000007

 

遊真「アラシヤマ隊?ボーダーか」

修「嵐山隊・・・!」

嵐山「到着が遅れてもうしわけない!負傷者は!?」

先生「全員無事です!」

嵐山「これは一体誰が・・・!?」

遊真「行けよオサムお手柄でほめられるぞ」

修「ぼくはまだ訓練生だ 基地の外でトリガーを使うことは許されていない たぶん厳罰処分だ」

嵐山「きみか・・・?」

 

WS000006

 

嵐山「そうだったのか!よくやってくれた!!」

遊真「ほめられたじゃん」

修「・・・」

遊真「なんかいいやつっぽいなアラシヤマ」

修「ボーダーの顔としてテレビとかにもよく出てる三門市の有名人だ」

嵐山「ほとんど一撃じゃないか!しかもC級のトリガーで・・・」

修「いえ そんな・・・」

遊真「いえいえそんな」

嵐山「おまえならできるか?木虎」

カカツ ズズン バラバラ

 

WS000005

 

木虎「彼がしたことは明確なルール違反です嵐山先輩」

遊真「なんだ?こいつ」

修「木虎 藍 中学生でA級になったエリート隊員だ」

嵐山「たしかにルール違反ではあるけど 結果的に市民の命を救ったわけだし・・・」

木虎「人命を救ったのはもちろん評価に値します けれどいずれ深刻なトラブルを招くのは火を見るより明らかです」

 

WS000004

 

遊真「遅れてきたのになんでそんなえらそうなの?」

木虎「誰?あなた」

遊真「オサムに助けられた人間だよ 人を助けるのにだれかの許可がいるのか?」

木虎「トリガーを使うのならボーダーの許可が必要よ トリガーはボーダーのものなんだから」

遊真「なに言ってんだ?トリガーはもともとネイバーのもんだろ」

木虎「あなたボーダーの活動を否定する気!?」

遊真「ていうかおまえ オサムがほめられるのが気にくわないだけだろ」

時枝「現場調査は終わった 回収班呼んで撤収するよ」

木虎「時枝先輩・・・!でも」

時枝「三雲くんの賞罰を決めるのは上の人だよ オレたちじゃない」

嵐山「処罰が重くならないように力を尽くすよ 本当にありがとう」

修「そんな・・・こちらこそ」

 

WS000003

 

修「木虎は・・・まちがったことは言ってないだろ みんなを助けたのは空閑だ」

遊真「なんだそりゃ?学校のやつらを助けたのはオサムだろ?」

修「・・・え?」

遊真「オサムが逃げ遅れたやつらを助けてそのあとやられそうになってそれをおれが助けたんだろ?おれはオサムしか助けたおぼえないぞ?」

 

WS000002

 

感想

嵐山隊・・・新たなボーダーの登場ですね。そして遊真が木虎に噛みつく。やり取り面白かったですね。最後にその木虎がいる・・・どうなるんでしょう!?次が楽しみですね♪

<<<ワールドトリガー専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第5話「空閑 遊真③」

目次ページはこちらをクリック!!

Related Posts

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA